Microsoft Office Professional 2013 アカデミックを買って、Parrallels上のWin 8.1に入れた。

office 2013 academic

Office 2010の体験版、2013の体験版を渡り歩いてきて、Office 2013のアカデミックパッケージを買った。
ちなみにOffice 2013の体験版は下記からダウンロードできる。

Office 2013 評価版 – Microsoft Office 2013

Microsoftの学生認証はAdobeのように厳格ではなく、購入時に学生証を見せるのみでOK。
Office 2013からはメディアのついたパッケージはなくなったらしく、購入してもパッケージのなかにライセンスの書いたカードが入っているのみ。
認証サイトが有り、そこにライセンスキーを入力すると、Microsoft アカウントを求められるのでサインインすると、ダウンロードできる。
僕の場合は体験版を入れていたのだけれど、そちらは削除せずにインストールした。

インストール完了後、Word、Excelを起動するも、なぜかライセンス認証ウィザードが立ち上がる。
おかしいなーと思い、体験版に入っていないPublisherを立ち上げると、無事にライセンス認証が行われ、その後はWord、Excelでもちゃんとライセンスが認証された。

ちなみにアカデミックは1ライセンスで2PCまでいけるらしい。

僕はMacユーザなので、Office for Mac 2011も持っているけれど、Windowsユーザとやりとりが多いならば、無用なトラブルを未然に防ぐためにも、断然Parallels+Win+Officeがおすすめ。

Parallels Desktop 9 for Mac Retail Box CD JP
パラレルス (2013-09-06)
売り上げランキング: 69
Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語
マイクロソフト(DSP) (2013-10-18)
売り上げランキング: 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です