少しでもお得に生活をしたいのでおサイフケータイを導入してみた。

4月1日に消費増税が行われた。
中小企業診断士一次試験の範囲である経済学・経済政策の内容では、金融緩和でインフレを起こすと、資産が目減りするので、カネを使うようになり景気が回復するとある。(意訳)
ここで消費税を上げると、消費が行われずにカネが回らなくなるのではないか?とおもったらグルーグマンも同じことを言っていたので、このタイミングで増税したのには経済学のセオリーを超えた何らかの意図があるのだろう。

ということで、少しでもお得に生活をしたいのでおサイフケータイを導入してみた。

現金は払ってしまえばそこで終わりだけれど、電子マネーはチャージの時にはクレジットカードのポイントがつき、支払いの時には電子マネーのポイントがつく。

僕は以下の電子マネーをスマートフォンのおサイフケータイに導入した。

  • 楽天Edy・・・社内利用用(食堂とか自販機とか)
  • モバイルSuica・・・趣味用(本とか交通費とか)
  • nanaco・・・セブンイレブンでの買い物用

チャージに使っているクレジットカードは以下の2枚。

  • 楽天カード(Edy、nanacoへチャージ)
  • ビックカメラSuicaカード(モバイルSuicaへチャージ)

基本的な運用方法としては、月の予算を決めて、月初に一括でチャージをする。それぞれの電子マネーのポイントの特徴と僕の使い方を紹介する。

楽天Edy
チャージの時には、僕の使っている楽天カードでは基本的にはポイントはつかない。ただ、いろいろキャンペーンをやっていて、ポイントがつくことも多々ある。さらに、3月27日から7月1日までの期間限定ではあるけど、楽天ポイントとEdyの相互交換も始まったので、楽天カードと楽天Edyは相性がいい。
支払いの時には社内の食堂・自販機ではポイントはつかない。コンビニとかではつくところもある。200円で1ポイント。
Edyはポイント目的というよりも、予算管理の目的。毎月決まった額だけチャージして、その中で収まるようにやりくりをする。

Suica
チャージの時にはビューカードなら1,000円で15円分のポイント(6P)がつく。1.5%の還元率はでかい。
支払いの時にはポイントはつかない。Suicaポイントなるものがあるみたいだが、よくわかっていない。
モバイルSuicaは通常、クレジットカードと紐付けるときに年会費1,000円がかかってしまうけれど、ビューカードなら当面無料になっている。
そのために、ビックカメラSuicaカードを作った。春の新規入会キャンペーンもやっているのでお得。
Suicaは主に書籍など趣味のものに使う。AmazonもモバイルSuicaでの支払いに対応している。

nanaco
チャージの時は楽天カード(JCB)を使っているので1%の楽天ポイントがつく。(JCB以外の楽天カードはつかない。)
支払いの時にも1%のnanacoポイントがつく。nanacoはポイントの二重取りができるのだ。
主な用途はセブンイレブンでの買い物。お弁当や飲み物を買ったり、おやつを買ったり。ポイントが多めにつく商品があったりして、結構お得。いままで使っていなかったのがもったいない。今なら、ポイント2倍キャンペーンをやっている。

こんなかんじでしばらく運用していくつもり。あと、WAONを導入するかは迷い中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です